保険の“今”を知って自分に合うがん保険を選ぼう!

イマドキ人気のがん保険は?読んで納得のがん保険Navi TOP

イマドキ人気のがん保険は?読んで納得のがん保険Navi TOP

「もし自分が癌になったらどうしたらいいのかな・・・」
なんて漠然と考えた事ってありませんか?

世界的に見てもトップクラスの長寿国である我が国・日本の場合、現在の死亡原因のトップは“癌”だと言われています。
更に死に至らないまでも、生涯に一度は “癌”になる確率は二人に一人・・・なんて事を知ってしまったら、もう他人事ではありません。

言葉の響きさえもが、むやみやたらと絶望的な“癌”とこの病気は、以前は『不治の病』と呼ばれていた事はよくご存知だと思います。
しかし現代医学の進歩に伴って、現在では早期発見早期治療であれば、さほど恐れる必要がなくなってきている病気のヒトツだそうです。
がん患者のなかには「交通事故や脳卒中なんかとは違って、即“死”ではないから、ある程度の心の準備も出来るし、やり残しのないように時間を有効に使える可能性もあるから、そんな悪い病気じゃないよ」なんて前向きな発言をされる気丈な方もいらっしゃいますから、“モノは考えよう”かもしれませんね。

とは言え実際に死と向きあわなければならない状況に陥ったとしたら、自分がどう思いどう感じてどう行動するのかなんてこと、想像できませんよね。
やはり、なんだかんだ言っても「たかが癌、されど癌」だとしたら、今、“アナタに出来ること”“しておかなければならない事”ってあるのでしょうか?


備えは、人生の円熟期に差し掛かる前に

最近の研究では“がんの原因は生物学的老化によるところが多い”と言われています。
これは、単に年齢を重ねることを意味しているわけではなく、生物の営みとして飽きる事無く繰り返される「細胞の再生増殖に伴うコピーミス」が癌発生の主たる原因だと言いますから、科学が発達した現在でも人知の及ぶ処ではないのでしょう。
もちろん生物的摂理としての“老化”だけでなく、いわゆる“免疫力を低下させるような不規則で不健康な諸々の生活習慣(喫煙・飲酒・運動不足など)”の影響も否めませんが、いずれにしても「誰でも癌になる可能性はある」という厳然たる事実だけは揺るがないのです。

「癌になるヤツは俺だけじゃないよ。イマドキそんなに珍しいことじゃないだろう?」
癌で闘病中であっても見た目泰然としている方もおられますが、本当に“それだけ”なのかと疑ってしまいます。
なんだか投げやりにも聞こえなくない発言や、何気ない行動に“焦り”を感じるのは、彼がまだ人生の半ば的年齢だからなのではないでしょうか。

今や人生80年の時代です。
癌の存在さえなければ、『人生の円熟期はこれから』の時期なのに、50歳やそこらで癌との闘いに悪戦苦闘中では焦りを感じるのが当たり前です。
とは言え、“二人に一人が癌になる時代”だと判っているのに“悲劇のヒロイン?”気取りをしている暇なんかありませんよ。

イタズラに怯えるその前に、まずは“癌”に対する備えを固めましょう!


自分にピッタリのがん保険選びって難しい?

「自分の死後、残された人のためにせめてお金を残したい」
「ローンなどの借入金を清算して自分の葬式代くらいは賄えるお金が必要だから」
ひと昔前の保険選びは、これらの理由で“死後のための生命保険”を選択する傾向が強かったのではないでしょうか。
ところが人生80年時代を迎えた現在では、かなり生命保険に対するイメージが変わってきているようです。
それは『死後』の事を憂慮した保険ではなく、『自分自身の今』と『自分自身の未来』を見据えた“これからも生き続けていくための生命保険”が必要とされているからです。

がん保険は、まさにそのニーズに合致した人気の生命保険商品でしょう。
癌という病気を諦めず、その後の人生をしっかり見据えたライフプランニングには、がん保険の助けが必要です。

入院期間こそ以前に比べて格段に短縮され、自宅からの通院での治療も可能な時代にはなりましたが、癌という病気の性質上、いずれにしてもその闘病生活は長期に亘り、医療費は高額になることは間違いありません。
それだけでなく保険適用外の治療が必要になる可能性もありますが、費用負担が大き過ぎるという理由で治療を断念なんてことになったとしたら・・・
癌という病気に向き合って治療に専念するには、お金の心配なんてしたくありませんよね。

また癌という病気の場合、“完全完治”という確約はありません。
再発・転移・浸潤という厄介な性格の難病であることは今も昔も変わりありませんから、生き続けていく限り病気に対する予防と観察が必要となります。
そして再び病気に立ち向かい闘いに臨まなくてはならない事態に陥ったとしても、慌てずに闘いの望む準備は必要ですよね。

このサイトは“将来の備えとしてのがん保険選びに悩んでいる方”に役立てて頂きたい「がん保険選びのお手伝いナビ」です。
綺羅星の如くある“がん保険”のなかでも、特に評判と人気の高いがん保険についてアレコレご案内しておりますので、ご参考にして頂ければ幸いです。



ランキング1位
≪生きるためのがん保険Days≫アフラック
≪生きるためのがん保険Days≫アフラック

幅広くがん治療に備えたい方へおすすめのがん保険。
医学の発展と共にがん治療は多様化しています。がんはもう不治の病ではありません。がんと共に生きる、治療と向き合いながら生きるための手助けをする保険です。
入院だけではなく、三大治療による通院も上限なしで保障範囲となっているため、通院治療が主になるがん治療に安心です。 また、フルサポートプランでは心細いその後の生活や、長期になった場合のがん治療へ保障を広げます


保険期間 入院日額 評価
終身 1万円 評価5
公式サイト

ランキング2位
≪がん治療支援保険≫東京海上日動あんしん生命
≪がん治療支援保険≫東京海上日動あんしん生命

入院保障、手術費用は日数・回数無制限で、再発のリスクが高いがん治療を支えます。
退院後だけではなく、入院前の通院も一定期間の範囲内で保障。
診断給付金は上皮内がんも対象となるため、早い段階のがんへの治療体制も万全。
これらの基本プランにプラスして高度先進医療や抗がん剤投与治療に対応する「充実プラン」が用意されています。


保険期間 入院日額 評価
終身 1万円 評価5
公式サイト

ランキング3位
≪&LIFE新がん保険α≫三井住友海上あいおい生命
≪&LIFE新がん保険α≫三井住友海上あいおい生命

一生涯続くがん治療のための保障。上皮内がんでも診断給付金が減額されることはありませんので初期がんにもしっかりと対応できます。
入院と手術は何度でも保障されます。転移や再発で治療が長引いた場合でも安心して治療に励めます。
診断・手術・入院・退院後・通院治療と、がん治療を総合的にサポート。通院治療の場合は入院の有無を問わないため、通院のみで済む治療の場合でも安心できます。


保険期間 入院日額 評価
終身 1万円 評価5
公式サイト

ランキング4位
≪My終身ガン保険≫チューリッヒ生命
≪My終身ガン保険≫チューリッヒ生命

診断給付金は何度でも支給されます。上皮内がんでも同額支払われますが、上皮内がんの診断給付金は保険期間を通して一度のみとなります。
入院、手術、通院、先進医療と、あらゆるがん治療を保障。入院は日数無制限で保障されますので、入院が長引く場合の保障が得られます。もちろん日帰り入院も対象となります。
先進医療は500万円を限度に保障されます。高額の費用が必要になる先進医療を受ける場合でも手助けとなる保険です。
その他、被保険者とその家族の方が受けられるホテル宿泊割引など、お得なサービスも用意されています。


保険期間 入院日額 評価
終身 1万円 評価5
公式サイト

ランキング5位
≪みんなのほすピタるガンタイプ≫アメリカンホーム保険
≪みんなのほすピタるガンタイプ≫アメリカンホーム保険

手軽な保険料でありながら、がん治療入院日数は無制限。
先進医療を受けた場合の保険金は1000万円が上限。先進医療に関してはがん治療以外のケガや病気も対象となります。
先進医療の保障以外は一生継続します。(先進医療保障は満90歳で終了します)


保険期間 入院日額 評価
終身 1万円 評価5
公式サイト